良縁を望むならサンマリエに足を運んでみよう

男女

勇気を出して誘ってみる

スーツの男女

最初は大勢次は二人で

社会人の出会いとして非常に多いのが社内恋愛です。上司と部下、先輩後輩、同僚といったコミュニティから社内恋愛に発展していきます。しかし職場においては最初から交際を意識して会話することは少ないでしょう。学生時代のように軽いノリで声をかけられる人は限られています。もし社内恋愛に失敗してしまったら、その職場に居づらくなってしまうリスクがあるのです。そのため声をかけた相手が脈ありなのか慎重に判断する必要があります。しつこく迫ればセクハラで訴えられてしまう危険もあるのです。社内恋愛で定番の誘い方は食事です。仕事終わりに軽く飲みに行くことから始めます。最初は二人きりではなく、グループで行くことがおすすめです。その方が相手の警戒心が解かれるからです。また複数人で盛り上がっている時の方が、連絡先の交換も違和感なく行えます。初めての食事会を無事に終えることができたら、今度は二人で食事に行く提案をして反応を見ます。脈ありであればすぐに返事があるはずです。ところが本当は脈なしであっても、職場の人間関係を鑑みて社交辞令の返事をしていることがあるのです。「今は忙しいので」「また機会があれば」という言葉はほぼ脈なしですが、本当に仕事が忙しい場合もあります。脈ありであれば相手から追加のアクションがあります。「来月の金曜日ならば」「今度はイタリアンがいいです」というように具体的な返信があれば脈ありと捉えてよいでしょう。